ボックスカルバートを代表とするプレキャスト製品でのオープンシールド工法であるオープンシールド(オープンシールド工法、NETIS)

株式会社ホクコン サイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 工法・ストックマネジメント > オープンシールド工法 工法・ストックマネジメント
安全・安心 ARIC

ARIC 登録NO.1034
オープンシールド工法 オープンシールド工法
概要・特長 

概要・特長


開削工法(オープンカット工法)とシールド工法の長所を生かしたオープンシールド工法を、更に市街地用・軟弱地盤用に改良を加えた新しいオープンシールド工法です。本工法はシールド機をジャッキにより方向・勾配を修正しながら機械掘削し、反力は函体・周辺土圧及び自重で受け持ち、掘削・排土・函体布設及び埋戻しを地上から連続して行います。


1.騒音・振動が少ない
シールド機の推進には油圧ジャッキを使用するため、矢板、杭打ち等の作業時に伴うような騒音・振動は極めて少ない。
2.軟弱地盤・帯水層での施工が可能
シールド機は底版、止水ゲート(隔壁)を有しており、軟弱地盤・帯水層においても安全に作業することが出来ます。また、瞬結性グラウト材を即時充填することにより周辺地盤への影響を少なくすることができます。
3.曲線施工が可能曲線施工が可能
シールド機長は短く中折れ構造で、フロント部は完全に独立しており、曲線施工が可能です。
4.施工幅が小さい施工幅が小さい
施工幅は設置函体の外幅+400mm程度で、進行方向についても函体設置後、速やかに埋め戻すため占有幅は極めて小さい。
5.既設水路の改修施工が可能
シールド機上に掘削重機が搭載できることから既設水路の改修施工が可能です。また、降雨による満水時はシールド機内の排水ゲートを開放し通水が可能です。
6.シールド機上部の開放が可能
シールド機上に覆工板を設置することにより、作業時間外は開放が可能。また、長期にわたりシールド機を地中に残置可能です。
7.地下埋設物の下を通過可能
シールド機は脱着可能なボルト結合構造であるため、障害物の有無によってシールド機の高さを変えることが可能です。
8.用途
上下水道の管渠埋設・管渠による雨水貯留管埋設・雨水排水渠埋設・河川水路 等の施工。
  1. 狭隘な箇所、上空に制限がある場所
  2. 地下水位の高い場所、軟弱地盤、帯水層 でも施工可能
  3. 急曲線部施工が必要な場所


●工法の種類

 現場条件に適した種類として、NOS I型、NOS II型、NOS III型、NOS V型があります。
NOS I型:裏込注入タイプ  軟弱地盤、帯水層がある場所に適します。
NOSI型
NOS II型:裏込注入なしタイプ  普通土に適します。
NOSII型
NOS III型:推進タイプ  狭隘な箇所、上空に制限がある場所に適します。
NOSIII型
NOS V型:ESAタイプ  シールド機を自走前進させ、構築物を布設することが出来ます。
NOSV型

●施工手順

 NOS I型:裏込注入タイプ
シールド機 全景 フロント部掘削 シールド機推進
シールド機 全景

フロント部掘削

シールド機推進

テール部に函体設置 裏込め注入 後部埋め戻し
テール部に函体設置

裏込め注入

後部埋め戻し


お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.