メタクリル(MMA)樹脂モルタルによる道路コンクリート構造物補修工法、ストックマネジメント

株式会社ホクコン サイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 工法・ストックマネジメント > ドーロガード工法 工法・ストックマネジメント
経済性向上 省力化 高性能

MMA樹脂モルタルによる道路コンクリート構造物補修
ドーロガード工法 ドーロガード工法
特徴・概要  用途別工法  ドーロガードキット 

特徴・概要


ドーロガード工法は、速乾性耐久補修材『メタクリル樹脂モルタル』(ドーロガード)と、浸透性メタクリル樹脂(パーミタイト)の組み合わせで、土木構造物の補修や補強、耐久性の向上を行う工法です。
取扱簡便な材料で高耐久性能を有し、またその性状から即日道路開放が出来る道路コンクリート構造物補修工法です。


1. 硬化が早い為、養生時間も短く、施工時間(交通規制時間等)を短縮できます。(約1時間で硬化)
2. エポキシ樹脂などと比べ、低温でも硬化します。(−15℃〜+35℃で硬化)
3. 接着性に優れており、剥離や浮きが生じません。
4. 耐摩耗性に優れており、メンテナンスフリー舗装や表面保護補修に利用が可能です。
5. 酸、アルカリ、塩分などに対する耐薬品性に優れています。

6. 薄塗り施工ができ、薄層舗装が可能です。(最小厚塗布厚:5mm程度)


メタクリル樹脂とは
メタクリル樹脂は、第二次世界大戦前から航空機の風防ガラス等として使用されていましたが、戦後は、割れにくい有機ガラスとして、広告用途(看板)、自動車用途(照明用カバー等)電気機器用途(ディスプレー等)、医療用途(歯科材料、人工関節の接着剤等)、その他(水族館の巨大水槽等)等々、幅広い分野で 活躍しております。


用途別工法

●薄層補修工法

施工事例
ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ
道路橋コンクリート床版の耐久性確保の為、防水層を施工することとされていますが(道路橋示方書)
修繕工事において、既設舗装の切削に伴う凹凸の影響や、交通規制に伴う施工時間の制約等によりシート防水やウレタン防水等の従来工法では、十分な防水機能を満たす施工ができない懸念があります。
そこで、防水効果が期待できるとして『ドーロガード工法』が採用されました。

 

●コンクリート床版補修工法

 

●橋梁伸縮装置嵩上げ工法

施工事例
ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ   ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ
大型車が通行する度、伸縮装置部で大きな騒音が発生し、近隣から苦情が発生
伸縮装置を交換するには工期がかかり、交通規制時間も長期となる
早期解放が可能で、上面増厚工法(薄層舗装工法)が可能な『ドーロガード工法』が採用!
施工事例
ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ ドーロガード 橋梁伸縮装置嵩上げ
軌道内伸縮装置部前後での凹凸により、列車進行中に振動等により車両に支障が生じる恐れがあった。
日常業務(車両運行)に支障が生じない工法(即日走行可能な施工方法)として『ドーロガード工法』が採用。

 

●ドーロガード目地工法



ドーロガードキット
ドーロガードキット
品 名 ドーロガードJCII ドーロガードASII
プライマー 0.3kgm2 アスコン上は不要
練上がり量

重量 20kg
体積 約10L

重量 20kg
体積 約10L
施工面積

約1.0m2
(打設厚10mm)

約1.0m2
(打設厚10mm)

情報シリーズのドーロガードキットもご覧ください

ドーロガードキットの施工事例

 

ドーロガードキット 側溝角欠け補修 ドーロガードキット 集水桝角欠け補修
側溝角欠け補修 集水桝角欠け補修
   
ドーロガードキット 側溝消音対策 ドーロガードキット 駐車場段差修正
側溝消音対策 駐車場乗入部段差修正
   
ドーロガードキット 空港格納庫床舗装段差修正 ドーロガードキット 空港エプロン目地角欠け補修
空港格納庫床舗装段差修正 空港エプロン目地角欠け補修
   
ドーロガードキット 倉庫床欠損補修 ドーロガードキット 倉庫内段差修正
倉庫床欠損補修 倉庫内段差修正
   
ドーロガードキット ETC設備  
ETC設備  

 



リーフレットのダウンロード お問合せ

お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.