ため池底樋管「柔構造耐震性プレキャスト底樋」で工期短縮

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 水とみどり > ため池底樋管「柔構造耐震性プレキャスト底樋」 水とみどり
護床・護岸 景観 水質保全・浄化 水質保全・浄化  

ため池底樋管「柔構造耐震性プレキャスト底樋」日本初ため池底樋管「柔構造耐震性プレキャスト底樋」
概要・特長  従来仕様との比較  形状寸法・規格  施工事例  開発概要 

概要・特長


 近年、ため池の老朽化および地震による被害の増加により、底樋周辺部からの漏水や堤体の浸食が発生しており、その安全性向上と耐震性向上が求められています。
国内初の開発製品「柔構造耐震性プレキャスト底樋」は、土地改良事業設計指針『ため池整備』の要求を満足し、高い耐震性・施工性(工期短縮、埋戻しの確実性)を有した製品です。

従来工法は鋼構造のため、不同沈下に弱い

1.柔構造による高い耐震性

従来の現場打ちやプレキャスト底樋製品では対応が出来なかった地震時の地盤挙動や沈下に対して
地盤追従性を有し、高い耐震性(レベル2地震動)を有しています。

2.プレキャスト化による工期短縮

底樋部、取水部、止水壁をプレキャスト化することで、工期短縮を実現します。

3.優れた施工性

土地改良事業設計指針『ため池整備』(平成27年5月制定)の要求を満足しています。

4.底樋管と支持地盤間の遮水性の確保

底樋管を設置する際に生じる、地盤と底樋管の隙間には水みちを防止するためにベントナイト(粘土質防水材)を予め敷設することで供用後の水みちを抑制し、遮水性を確保します。

5.製品間の高い止水性

各々の製品間の継ぎ目には耐震性ゴムリング材を用い、止水機能を満足した構造となっております。

従来仕様との比較

【従来工法】
剛構造のため、不同沈下に追従できない

従来工法は鋼構造のため、不同沈下に弱い

【開発仕様】
柔構造にしており、不同沈下にもフレキシブルに対応

プレキャストため池底樋は柔構造で不同沈下にもフレキシブルに対応

耐震性可とうゴムを埋め込んだ製品。
止水壁などで拘束され、目地が大きく離間する部分に使用。
差口部に耐震性ゴムリングを埋め込んだ製品。
周囲の地盤と同じように挙動し、止水性も確保。
基礎をブロック目地部下面に敷設し、地盤変形に追従させ、基礎間にベントナイト(粘土鉱物)を敷設(表層の約1cm)することにより、水みちの発生を抑制。

形状寸法・規格

設計条件
適用土被り 最大15m
上載荷重 10kN/m2
土の単位体積重量 18kN/m3
耐震性能 Lv1、Lv2

プレキャストため池底樋の規格・形状寸法
プレキャストため池底樋 形状寸法


施工工程

プレキャストため池底樋の施工工程

開発概要

農林水産省の官民連携新技術研究開発事業として開発されました。

「プレキャストコンクリート製ため池底樋の耐震性向上技術に関する研究開発」

官民連携新技術研究開発事業とは
農業農村整備事業の現場にすぐに生かせるほ場レベル(フィールドレベル)での創意工夫等による新技術開発を、官民の密接な連携の下に進めることにより、農業農村整備事業を一層効率的に推進することを目的としています。

農林水産省の官民連携新技術開発事業

鉄筋コンクリート製 柔構造耐震性プレキャスト底樋 設計施工マニュアル発刊

お問い合わせ・資料請求はこちら

Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.