道路用L型擁壁、プレキャスト擁壁、防護柵対応、道路土工擁壁工指針

株式会社ホクコン サイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 道路・交通・鉄道 > 道路用L型擁壁 道路・交通・鉄道
土留め・擁壁 景観

道路用L型擁壁    CADデータダウンロード

道路土工に準拠したプレキャストL型擁壁。

道路用L型擁壁
概要・特長  製品種類  据付歩掛り 

概要・特長

ホクコンの道路用L型擁壁は、『道路土工 擁壁工指針』に準じ、上載荷重として10kN/m2(T-25相当)を採用し、土圧理論式は『試行くさび法』を用いて規格化されたシンプル構造でスリムな道路用L型擁壁です。現場用件に応じ様々なタイプからの製品の選択が可能となっております。

1.道路土工に準拠
道路土工指針に準じ規格化されており、道路の土留め構造物として安心してご利用いただけます。
2.現場条件に合わせ柔軟な対応が可能
擁壁形状は、シンプル・スリム構造の為、現場条件に合わせた、擁壁天端の縦断勾配対応や長さ調製品など現場条件に合わせた対応が可能です。
3.条件により選べる3タイプの規格
擁壁タイプは、礫質土用・砂質土用・粘性土用の3タイプを取り揃えさせていただいております。多様な土質条件や設置条件に対応することも可能となります。
条件により選べる3タイプの規格
4.擁壁上部敷地の有効利用
現場打ち擁壁のように前面勾配が無く垂直壁であるため、無駄なスペースが生じず、土地の100%有効利用が可能となります。また防護柵基礎ブロック『Gベース』の下部擁壁としてもご利用いただけます。
擁壁上部敷地の有効利用
5.壁面化粧対応も可能
標準品は、表面模様の無い「無地」になっておりますが、景観に配慮した計画時等では、「鉄平石模様」もご利用頂けます。
製品種類

●HSウォール
H-600〜H-5000までに対応したプレキャストL形擁壁。

HSウォール                HSウォール(1.59MB)
●HS-Wウォール
天端幅を統一したH-600〜3000に対応したプレキャストL形擁壁。

●HS-Pウォール
天端幅を統一し、防護柵取り付け対応可能なプレキャストL形擁壁。防護柵ピッチは2.0,3.0mに対応出来ます。

HS-Wウォール、HS-Pウォール    HS-Wウォール,HS-Pウォール(1.56MB)
●L型ウォール(富山県仕様)
底版グラウト仕様を標準とした、H-600〜3000(100mmピッチ)に対応したプレキャストL形擁壁。

L型ウォール(富山県仕様)       L型ウォール(富山県タイプ)(1.56MB)
●大型L型擁壁(富山県仕様)
底版グラウト仕様を標準とした、H-3250〜5000(250mmピッチ)に対応したプレキャストL形擁壁。

大型L型擁壁(富山県仕様)      大型L型擁壁(富山県タイプ)(1.14MB)

  規格 タイプ 化粧 防護柵対応
3.0m以下 3.0m超え 礫質土用 砂質土用 粘性土用
HSウォール SG SS SC

対応可

HS-Wウォール SG SS SC
HS-Pウォール SG SS SC 標準
L型ウォール B  
大型L型擁壁 B  


据付歩掛
(10m当り)
擁壁の高さ(m) 0.5以上1.0以下 1.0を超え2.0以下 2.0を超え3.5以下 3.5を超え5.0以下




世話役(人) 0.22 0.26 0.33 0.42
ブロック工(人) 0.22 0.26 0.33 0.42
ふつう作業員(人) 0.67 0.79 1.00 1.25
据付機械 規格 バックホウ2.9t吊
(平積0.6m3)
ラフテレーンクレーン25t吊
運転(日) 0.22 0.26 0.33 0.42
諸雑費率 16% 18% 20% 21%


基礎採石 45% 53% 60% 66%
均しコンクリート 74% 87% 98% 108%
(注)
1.雑工種は、労務費、機械賃料及び運転経費の合計額に上表の率を乗じた金額を計上する。
 なお、雑工種に含まれる内容は、次のとおりである。
 [基礎砕石]
 敷設・転圧労務,材料投入・締固め機械運転経費,砕石等材料費
 [均しコンクリート]
 打設・養生・型枠製作・設置・撤去労務,電力に関する経費,
 シュート・ホッパ・バイブレーター損料,コンクリート,養生材,均し型枠材料費
2.基礎砕石の敷均し厚は、20cm以下を標準としており、これにより難い場合は、別途計上する。
3.雑工種における材料は、種別・規格に関わらず適用できる。
4.本歩掛には,均しコンクリート型枠施工時の剥離材塗布及びケレン作業を含む。
5.養生は、養生材の被覆,散水養生,被服養生程度のものであり,保温養生等の特別な養生を
 する場合は、雑工種率(均しコンクリート)から3.0%減ずるものとし,養生費を別途検討する。
6.ペーラインコンクリートが必要な場合には、別途計上する。

お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.