組立式大型ブロック「M1ウォール」、積みブロック、埋設型枠、もたれ式擁壁

株式会社ホクコン サイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 事業別メニュー > 道路・交通・鉄道 > M1ウォール−組立式大型ブロック− 道路・交通・鉄道
土留め・擁壁 景観 経済性向上

M1ウォール

組立式大型ブロック

組立式大型ブロック M1ブロック
概要・特長  対応勾配  断面例  施工歩掛  概算控え長  数量表  施工手順 

概要・特長

M1ウォールは従来の大型ブロックを分割し、パネル組立式にする事により理想的な構造を可能にし、経済性・施工性・景観性・安全性を追求しました。

1.豊かな景観性
環境や景観に配慮した自然石積み、緑化タイプ、ログタイプ、環境タイプからお選びいただけます。
2.高い施工性
部材がかさばらず軽量な為、施工に大型クレーンが不要、かつ搬入や置き場の確保が容易です。また屈曲部やR部の施工が出来、断面内の控え厚の変化が自由自在です。
3.高い経済性
現場条件に適した経済的な設計が出来ます。控え厚は16種類(控え500〜3500mm)、勾配は5種類(直壁・3分・5分・6分・1割)から理想的な断面をお選びいただけます。
4.高い安全性
プレキャストパネル組立で施工は迅速、手摺取り付けがシステム化されて、より安全で足場費の削減ができます。

5.高い品質
壁面材表面には、周辺景観との調和を図る為、壁面模様つきを標準とさせて頂いております。場合によりカラーコンクリート等での対応も可能です。

●安全システム
安全システム
●曲線施工例
安全システム


対応勾配バリエーション

対応勾配
対応勾配

断面例

規格M1ウォール

施工歩掛
10m2当り
  単位 組立式大型ブロック工 胴込コンクリート工
標準据付数 m2/日 43(19) -
土木一般世話役 0.23(0.53) 0.15
特殊作業員 0.23(0.53) 0.23
普通作業員 0.47(1.05) 0.53
型枠工 0.23(0.53) -
ラフテレーンクレーン運転 0.23(0.53) -
コンクリート m3 - 10.40
コンクリートポンプ車運転

- 0.12
諸雑費 5(13) 2
 曲線部等で調整が必要な部分は、( )内数値を使用するものとする。
数量表
 
控え 寸法 1m2当り重量 1m2当り胴込
コンクリート量
1m2当り表背面パネル
連結鉄筋量D10
1m2当り中間支柱
連結鉄筋量D13
(cm) (mm) (kg/m2) (m3/m2) (kg/m2) (kg/m2)
35 2000x500x 350 323 0.2 0.80

3.07
(1-D-13
L=3.0)

6.15
(2-D13
L=3.0)
50 2000x500x 500 365 0.4 1.15
63 2000x500x 630 401 0.5 1.45
75 2000x500x 750 435 0.6 1.73
88 2000x500x 880 471 0.7 2.03
100 2000x500x1000 505 0.8 2.31

6.15

(2-D13 L=3.0)

125 2000x500x1250 565 1.1 2.88
150 2000x500x1500 635 1.3 3.46
175 2000x500x1750 695 1.6 4.04
200 2000x500x2000 765 1.8 4.61
225 2000x500x2250 825 2.0 5.19
250 2000x500x2500 895 2.3 5.77
275 2000x500x2750 955 2.5 6.34
300 2000x500x3000 1015 2.7 6.92
325 2000x500x3250 1075 3.0 7.50
350 2000x500x3500 1135 3.2 8.08

概算控え長
 
壁高 H(m) 控え長 B(mm)

 ●条件
 ・Q=10(kN/m2)
 ・γ=19(kN/m3)
 ・φ=30(°)
 ・μ=0.6

3.0 1000
4.0 1140
5.0 1280
6.0 1700
7.0 1700
8.0 1980

施工手順

M1ウォール 施工手順

お問い合わせ・資料請求はこちら
※製品に関するお問い合わせは、
送信先を「技術・施工受付」としてください。
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.