雨を”とどめて”活かす「蓄雨(ちくう)」という概念

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
   
  雨を貯めて活かす「畜雨」という新たな概念  
 

講座:雨水活用 Rainwater Harvesting を学ぶ(全5回を予定)  序章:蓄雨って何?

 
 

 

今、「蓄雨(ちくう)」という概念が注目されています。

これは、2016年3月発刊の日本建築学会環境基準「雨水活用技術規準」で新たに示された概念です。まずは、同学会雨水活用推進小委員会が制作された「アニメーション」をご覧ください。

 

 

 
  動画再生の際、音が出ますのでご注意ください。  
     
 

現在、雨の降り方が大きく変化しつつあり、ゲリラ豪雨が各地で起きています。“異常気象”は“極端気象”と呼びかえられ、ごく普通のことになってきました。
これまでの下水道施設や河川だけでは雨水流出に対応できず、流域全体で面的に雨水を管理することが必要です。そのためには、個々の建築敷地などが果たす役割が大きくなってきています。

これまで、個々の建築計画は「雨を防ぎ、速やかに敷地外に放流すること」が第一とされてきましたが、根本的に見直す必要があります。

今回、日本建築学会環境基準の示した「蓄雨」は、治水、防災への取り組みを必須としている点が、大きなポイントです。

 
     
  4つの蓄雨
 1.防災蓄雨(大規模災害対応)
 2.治水蓄雨(集中豪雨対応)
 3.環境蓄雨(蒸発散・地下浸透)
 4.利水蓄雨(従来の雨水利用)
 
 

雨を貯めて活かす「畜雨」という新たな概念

 
     
 

本講座「雨水活用 Rainwater Harvesting を学ぶ」では、4つの「蓄雨」を今後少しずつ紹介していきます。

「雨水活用 Rainwater Harvesting を学ぶ」
序 章 蓄雨って何? ※今回
第1回 防災蓄雨
第2回 治水蓄雨
第3回 環境蓄雨
第4回 利水蓄雨
第5回 はじめよう蓄雨

「雨水活用(Rainwater Harvesting)」とは、農業の収穫(Harvesting)のように、蒔いて、育て、自然の力に畏れ、同時に恵みに感謝し、収穫し、また次につなげていくことで、豊かで持続的な社会を目指す雨水活用の視点です。雨水の循環を意識しており、近年の治水、防災への取り組みを包含する視点です。

 
     
 

○雨水「活用」と雨水「利用」の違い
・雨水活用(Rainwater Harvesting)」 : 雨水を建築やその敷地で制御、利用し、環境改善に活かすこと
・従来の雨水利用(Rainwater Utilization) : 雨水を貯めて散水等の用途に使うこと

 

 

<参考文献>
「蓄雨」について関心のある方は、以下の書籍をご覧ください。
・日本建築学会環境基準「 雨水活用技術規準」(AIJES-W0003-2016)

また、雨水活用システムについては、以下の書籍をご覧ください。「集雨」「保雨」「整雨」というキーワードが解説されています。
・日本建築学会環境基準「 雨水活用建築ガイドライン」(AIJES-W002-2011)

雨水活用技術基準 日本建築学会  
 

「雨水活用技術規準」
(日本建築学会、2016年3月発行)

 
  防災・水利用のページへ  
Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.