株式会社ホクコンのプレキャストコンクリート二次製品の施工事例集

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 情報シリーズ > '14-Vol.46情報シリーズ

ホクコン情報シリーズ


ARIC(一般社団法人 農業農村整備情報総合センター)技術データベースARIC 登録NO.1034

オープンシールド工法


工程比較

 オープンシールド工法とは

狭隘箇所軟弱地盤などの厳しい施工条件下でも、オープンシールド機により施工を可能とする工法です。

オープンシールド工法

  1. バックホウで掘削
  2. 函体を地上からクレーンで据付
  3. 函体上部を埋戻し
  4. 函体を反力にしてシールドジャッキにより、シールド機を推進

以上の工程を繰り返して函体を敷設します。
函体の両側部および底部の3方向のテールボイドに可遡上裏込注入材を充填します。
(*NOS I型の概要)

現場に適した種類をご用意しております。


特長

オープンシールド工法の特長

※近接施工においては、土質、地下水、近接構造物の構造、位置、重要度等を考慮し、必要に応じて地盤改良等の対策を検討する。
※地下水位の高い地盤で、シールド機掘進時の切羽の一時的な安定、水中掘削時の水処理や地下水位が敷設函体天端より高い場合は、   地下水位低下工法の補助工法を併用することがある。


プレキャスト貯留槽の施工順序
オープンシールド工法の施工事例

弊社のこれまでの経験を生かし、様々な現場条件に応じたご提案をさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

リーフレットのダウンロード

Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.