株式会社ホクコンのプレキャストコンクリート二次製品の施工事例集

ベルテクスグループ 株式会社ホクコンサイトマップリンク集個人情報の取扱いについて
TOP > 情報シリーズ > '15-Vol.54情報シリーズ

ホクコン情報シリーズ


ふたのハネ上がりや角欠け等でお困りではありませんか?
側溝ふた固定工法
■性能

固定用樹脂緒元

硬化収縮率 [%] 2.7(JIS A 6024 規格:3.0以下)
接着強さ/乾燥面 [N/mm2] 9.2(JIS A 6024 規格:6.0以下)
接着強さ/湿潤面

[N/mm2]

8.2(JIS A 6024 規格:3.0以下)
付着力耐久性保持率 [%] 77(NEXCO:60以上)構造物施工要領
コンクリート付着力 [N/mm2] 2.5(JHS 412規格:1.5以上)強い!
引張伸び [%] 3.0(JIS K 7161)
引張せん断接着強さ [N/mm2] 10(JIS K 6850)鉄/鉄1日値
硬化時間 夏季50(20℃),冬季60(5℃)早い!

 

樹脂注入状況
側溝ふた固定工法

確認実験

ふた版の鉛直方向の固定は側溝本体にふた受部があるため下方へ動くことはありません。
ガタツキによる騒音が発生する要素としてふた版の水平方向の固定度を確認しました。

側溝ふた固定工法
パンタジャッキ(MAX650kg)

側溝ふた固定工法
パンタジャッキ
樹脂注入し1時間後、乗用車のパンタ ジャッキにより固定度の確認を行いました。
最大荷重が650kgのジャッキで載荷しまし たが、ふた版は十分に固定されていました。
側溝ふた固定工法
実施例

側溝ふた固定工法

           接着箇所

ふた付コンクリート側溝の無音化、事故防止のためのふた固定等、弊社の側溝はもちろん、既存の側溝、その他あらゆる側溝のふた固定にご利用いただけます。

 

弊社のこれまでの経験を生かし、様々な現場条件に応じたご提案をさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

リーフレットのダウンロード 

Copyright© 2006, Hokukon Co., Ltd. All rights reserved.